外壁の種類と特徴

住宅の外壁材は細かくみていくと、実際はかなりの種類があるのですが、一般的に普及している外壁材ということで考えると、

・サイディング(金属系も含む)
・モルタル
・板張り

の3つのカテゴリに分類できると考えられます。

ここではこれらの外壁の特徴と、塗装工事をした場合の工程の流れについても整理しておきたいと思います。

サイディング
サインディングは、セメントなどの非金属原料を高熱処理して形成した、比較的新しい建築外壁材です。木造戸建住宅の外壁材料は、従来モルタルを下地にしてその上から塗装を施した工法が一般的だったわけですが、サイディングを使用した外壁は、モルタル工法より手間がかからず短期間で工事できることから、近年急速に普及し、現在では住宅外壁のほとんどがこのサイディングを使用したものになってきています。

なおモルタル外壁を「湿式工法」、サイディング外壁を「乾式工法」などと呼ぶこともあります。

サイディングもいろんな分け方ができるのですが、塗装という観点から分類していくと、無塗装板(製品)と塗装板(製品)に分けることができます。無塗装板は、現場で塗装するためのサイディングで、モルタル湿式工法の下地の代替として登場した製品と考えても良いでしょう。いっぽう塗装板は、カラー・デザイン(柄)などが工場で塗装(印刷)されて製品化されていますので、現場では塗装の必要がありません。

最近ではモルタル外壁の風合いを求める方が増えて、無塗装サイディング+現場塗装の外壁も見られることがありますが、比率としては工場で塗装されて出荷される塗装板が圧倒的に多いです。

【サイディングの塗り替え工事のタイミング】
サイディングの塗り替えは、新築から10年目というのが一般的ですが、製品によっては7年から8年で塗り替えしたほうが良いケースもあります。またいっぽうで、セラミック塗装を施した高価なサイディングになると、サイディング自体の塗膜はかなりもつものもありますので、塗り替えのタイミングについては、信頼できる業者に診断してもらうことが大事です。つまり、工場で塗装されているサイディング外壁の塗り替えのタイミングは、サイディングのグレードによって大きな差があるということです。

なおサイディング自体の塗膜はしっかりしていても、サイディングの継ぎ目のコーキングは、数年で切れたり痩せたりしてきます。そのまま放置しておくと雨水が躯体に進入して、構造体を劣化させる原因になりますので、3年、5年といった短いサイクルで点検し打ち直すことをおすすめします。またサイディングの塗り替え時も必要に応じてコーキングの増し打ち、打ち直しは検討してください。

【サイディング塗り替えの注意点】
サイディングの塗り替え塗装工事は、高圧洗浄により壁面の洗浄からはじまり、下地調整、そして3度塗りという工程で進み、とくに特殊な工程が挟まれることはありません。

ただ施主側が注意しなければいけないのは、柄印刷が施されたサイディングやタイル調サイディングの場合、塗り替えしてしまうと、当初の柄が消えて無地になってしまうということです。

当初の柄を生かす場合は、サイディングの柄を生かすための透明な塗膜をつくる塗装が最近出てきましたので、塗装業者さんとしっかり打ち合わせして工事内容を決めなければなりません。ただし透明の塗装を採用するにあたっては、ベースとなるサイディングの色あせなどが進んでしまうと使う意味がなくなってしまいますので注意してください(つまり塗り替えるなら早めにということです)。

またタイル調サイディングの場合は、コストが高くなりますが、タイル部分と目地部分を色分けして塗ることもできます。何も指定しないと、目地もタイルも一色で塗装することになりますので、工事前に打ち合わせして塗り方を決めておきましょう。

モルタル
サイディングのところでも触れましたが、モルタルは湿式工法と呼ばれ、サイディングが登場するまで、住宅の外壁の主流として君臨してきました。現在では少なくなったモルタル外壁ですが、サイディング外壁では得られない現場塗装の風合いを支持する根強いファンが存在します。

モルタル外壁は、断面で切り取ると、下地合板、ラス(防水シート)、メッシュ(金網)、モルタル、塗膜となりますが、最近ではラスカットボードという下地合板に直接モルタル層を形成して、その上から塗装することが多くなり、工程が簡素化されています。ただ、このモルタルは水分を含んでいるものですから、時間が経つとどうしても動きやすく、塗膜自体はまだ大丈夫でも細かいヘアクラックは短期間で生じてきます。ヘアクラック程度であれば雨水の侵入は問題ではないですが、もう少し太めのクラックが多数出てくるようになると、塗り替えが必要です。

またクラックの原因がモルタルの質の変化によるものなら、さほど心配はありませんが、構造上の問題や地盤の問題が関係していると、塗り替えだけで対応できるものではありません。モルタル外壁を採用する場合に限られることではないですが、地盤が弱い場合は、地盤補強工事が必要ですし、構造の安定を軽視して住宅を選ぶとあとで痛い目にあうことになりますので注意してください。

【モルタル外壁の塗り替えのタイミング】
新築物件のモルタル外壁で使用される塗装は、とくに指定しないと、安価なアクリル系の吹付け塗装であることが多いので、最初の塗り替えのタイミングとしては7年前後がベストでしょう。ある程度弾性力に富む塗料を採用している場合でも、10年というのが塗り替えのタイミングです。

新築時は他のことを重視して、塗料にまで予算が割けなかった場合は、塗り替えで使用する塗料についてグレードを上げることを検討してみても良いでしょう。ただしあまり高価な塗料である必要はなく、新築時にアクリル系の吹付けで済ませていたのなら、ウレタン系の弾力性のあるものにしてみるといった具合で良いと思います。

【モルタル外壁塗り替えの注意点】
モルタル外壁の塗り替え工事も、サイディングの塗り替えと工程的に大きく変わる部分なく、足場などの架設工事が終了すると、高圧洗浄、下地調整、養生、外壁塗装へと進んでいきまます。ただしモルタル外壁の場合は、クラックを埋めるシーリング補修や樹脂モルタル補修が多く、乾燥養生などもありますので、サイディング外壁にくらべて所定日数が長くなることがあります。丁寧に工事してもらうという意味でも、工期は余裕をもってみてあげるようにしてください。

なおモルタルはデリケートな外壁でもありますから、塗料の選択には気を遣いたいところです。したがって下地の動きに追随してくれる塗料としては、できれば硬性ではなく弾性塗料を選択してほしいのですが、弾性塗料のなかでも比較的安価な「単層弾性塗料」には注意していただきたいところです。というのもこの塗料は、弾性力もさほど良くなく、メーカー指定どおりに塗ると塗料を大量に使うことになり、かえって不経済になることがあるからです(それでもこの塗料は、塗り替えでよく使われるものでもあるのですが・・・・・・)。

板張り
板張りも、杉の下見板張りなど、日本の住宅では古くから採用されてきた外壁のひとつですが、建築法規の防火規制が強化されてから、次第に姿を消していきました。それが建築材料でも自然素材が見直されることになり、住宅の外壁に板張りを採用する物件が、ここ10年ぐらいで増えました。現在ではそれも一段落している感じがしますが、外装材としての板張り(ほとんどが羽目板張り)は標準的な外壁材の選択肢のひとつとなっていると思います。

【板張り外壁の塗り替えのタイミング】
ただし他の外壁材と違い、板張りは管理が難しく、塗り替えの頻度が高くなります。理想的には、初回の塗り替えは5年以内ぐらいで一度行い、その後は7年から8年ぐらいで塗り替え周期を回していったほうが良いでしょう。つまりはじめての塗り替えはできだけ早めにしておくと、その後の管理(塗り替え)が楽になるということです。
(本当なら初回は3年、その後は5年周期で塗り替えるのがベストですが、一般的には、なかなかそこまで塗装にお金をかけられないと思います。)

【板張り外壁塗り替えの注意点】
板張り外壁の塗り替えの工程は、サイディング外壁やモルタル外壁とやや違いがあります。まず高圧洗浄機を使った水洗いをしないかわりに、塗装面の研磨などが入ります。また下地調整にも時間がかかりますので、施工面積が大きいと塗装工事に要する日数も、他の外壁塗装より余計にかかることもあるということです。

また塗料はキシラデコールやオスモなどの木部専用の塗料を使います。それと板張り外壁は、ローラー塗装ではなく、刷毛を使った塗装となるので、下地調整にかかる手間も合わせて人件費が高くつく傾向があります。

板張り外壁の塗り替えの注意点としては、冒頭でも触れたとおり、初回の塗り替えのタイミングを早めにすることです。そうすることで塗膜が丈夫になり、その後の塗り替え周期を長くもたせられ、かえって経済的に管理できるでしょう。

なお板張りのなかでも、『チャネルサイディング』のように、塗装をしないで使用する木製サイディングもあります。無塗装でほったらかすのですから、当然、色合いはどんどんグレーに近い色になるのですが、そうした色の変化も意匠として受け入れて使用するというコンセプトの建材です。

一般的な板張りはカナダ杉などが多いのですが、チャネルサイディングはウエスタンレッドシダーという腐朽に強い木材が使用されています。下地なしでも準防火地域で使用できる製品もあり、なかなかおもしろい建材です。塗装とは関係ありませんが、板張りを外壁に使いたいと考えている方は一度チェックしてみると良いかもしれません。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問