外壁塗装の種類

外壁塗料の種類は非常に大まかに分類すると4種類に分けることができます。これは塗料の主成分となる樹脂の種類によっての分類で、具体的には以下のとおりです。

・アクリル(6年~7年)
・ウレタン(8年~10年)
・シリコン(12年~15年)
・フッソ(15年~20年)

※()内は塗り替え時期の目安です。

塗り替え時期が長いほど、、塗料のグレードは上がります。そして価格も高くなります。つまりアクリル系樹脂塗料がいちばん安価で、フッソ樹脂系の塗料が高価になるわけです。

塗料の種類はじつにたくさんある
ただし、ひとつ系統をとっても溶剤タイプと水性タイプがあったり(溶剤タイプにも弱・強の違いがある)、形成される塗膜の硬さで見ても弾性タイプから硬性タイプがあり、さらに弾性塗料にも3回塗りの組み合わせによって微弾性~高弾性となり、なかには厚塗り専用の弾性塗料まであります。これに付加機能として低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性、遮熱性といったものがついてきますので、外壁塗料の種類はかなり多いのです。

したがって同じシリコン系でも1缶1万円を下回るものから3万円以上のものもあり、ますので、シリコンだからウレタンより高いと一概に言えないところもあり、ウレタン塗装もシリコン塗装も工事価格で比較すると、さほど変わらないことのほうが多いかもしれません。

4系統それぞれの特徴
上記のように塗料を4つに分類したわけですが、それぞれの特徴を整理しておきます。

【アクリル系】
いちばん安価であり、新築住宅などでは指定がなければ、ほとんどがアクリル系の塗料が使用されています。難点は汚れやすくクラックが生じやすいこと。

【ウレタン系】
アクリル系塗料の欠点を補うためにつくられた塗料で、アクリル系より塗膜が柔らかく仕上がり、下地の動きによく追随してくれる塗料です。コストと性能のバランスから、戸建住宅の塗料としていちばん勧められる塗料と言えるかもしれません。

【シリコン系】
価格性能で、じつはウレタン系とさほど変わらないことが多いですが、一般的にはウレタン系より汚れにくいと言えるでしょう。

【フッソ系】
フッソ系塗料は、外壁より屋根材の塗料として採用されることが多い塗料。住宅の外装全体の耐久性を考えて塗装にこだわる場合でも、屋根をフッソ塗装とし外壁部はシリコン系で止めておくバランスでも十分ですが、予算に余裕があるなら外壁にフッソ系塗料を使用するのも決して悪いわけではないです。もちろん塗膜のもちはもちろんトップクラスとなります。

なお塗料の系統をどれにするかは、やはり工事に掛けられる予算で決まってしまうでしょう。ただし、塗膜のもちは建物の構造上のレベルや立地環境に左右されるため、論理上20年もつとされる金額の高い塗装を施しても、20年間1度も塗り替えしなくても済むかどうかは何とも言えないところです。したがって、高価な塗料を使用して、ずっと放置するより、安価な塗料を使用しても10年程度の周期で塗り替えたほうが、美観の面でも建て物保護の面でも良い場合があります。そんなことから、塗装業者さんのなかでは、ウレタン系塗料を住宅用には勧める方がいます。

外壁塗料の付加的な機能
先ほども触れましたが、外壁塗料には付加的な機能をもたせた塗料もあります。塗料の付加的機能には低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性、遮熱性などがありますが、よく知られているのは“光触媒”とか“ナノテク”などの低汚染性の付加的機能ではないでしょうか。

【光触媒塗料】
光触媒塗料を使用すると、太陽光と雨水の力で外壁の汚れが流れ落ちやすくなります。光触媒塗料の場合は、原料に使われている酸化チタンが紫外線によって、汚れを分解するようになること、また親水性が高まり汚れの下に水が入り込むといった効果によります。

【ナノテク塗料】
塗料の場合は、光触媒と同じセルフクリーニング効果を発揮する。塗料のほかに、サイディング自体に雨水による洗浄機能をもたせた商品もあります。

なお塗料の付加的機能には、塗膜の意匠性を高めるジャンルもあります。この場合は吹付け、デザインローラー、左官こて、刷毛などで塗膜に変化をつけていくわけですが、戸建住宅ではアイカのジョリパットが有名です。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問