外壁塗装の耐用年数はどれくらい?耐用年数の誤解について

一般的に言われている外壁塗装の耐用年数(耐久年数)は以下のとおりです。

・アクリル(6年~7年)
・ウレタン(8年~10年)
・シリコン(12年~15年)
・フッソ(15年~20年)

なお、外壁塗料にセラミック塗料というものを見かけることがありますが、これは細かいセラミック(陶磁器)の粒や天然石の粒が入っており、粒による意匠性ももたせた塗料ということになります。

一般的に紫外線による劣化が少ないとされるセラミックですが、塗料としての耐久性は使用されているクリアーの質によります。つまりクリアートップがシリコンであればシリコンの、ウレタンならその耐久年数が一般的なもちの期間ということです。ですからセラミック塗装を希望する場合は、使用されるトップコートが何かを確認しておく必要があるということです。

耐用年数の誤解
こうした塗料の耐用年数(耐久年数)はメーカーのカタログに記載されていますので、興味のある方はいろいろ見くらべてみるとおもしろいかも知れませんが、カタログ上の数字はあくまで目安でしかないということは理解しておく必要があるでしょう。とくに塗装の場合は、塗膜自体の強度ではなく、下地、つまり建物の動きによっても切れてしまうことがありますので、たとえ30年もつとされる高級な塗装を施しても、躯体や基礎、地盤を原因とする動きが塗膜の伸び率を超えてしまえば、わずか数年でクラックが入ることもあるということです。

こうしたことがあるので、戸建住宅の外壁塗装はウレタンクラスで十分ではないかという業者さんもいるわけです。どういうことかというと、高価なフッソ樹脂塗装をして20年放置するより、リーズナブルなウレタン樹脂塗装で8年~10年周期で塗り替えたほうが、美観上はもちろん、建物の保護の面でも良く、塗り替えが20年間で1度多くなっても、かえって経済となることもあるからです。

汚れがつきにくい高価な塗料を使っても、10年経もてば新築時の輝きは失われ、ところどころ汚れだってついてきます。湿気の多い北面には苔が付着しているかもしれません。その状態でもうあと10年放置するより、安価な塗料でこまめに塗り替えたほうが塗装としては良い管理になるでしょう。

外壁の場合は、高耐久な塗料を採用しても、カタログ数値どおりにはならないことのほうが多いということは理解しておきたいところです。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問