外壁塗装の時期と塗り替え時期の目安

外壁塗装は天候や気温などにもっとも左右される建築工事のひとつです。そのため塗装に適したシーズンがありそうですが、実際のところ、このあたりはどうなのでしょうか?

外壁塗装に適した季節とは
塗料のカタログを見たことがある方は気づいているかも知れませんが、そこには、気温が5度以下、湿度が80%以上の場合は塗装を避けてくださいとの記載があります。このことから考えると、真冬は、外壁(屋外)塗装の時期としてはあまり向かないと言えそうです。ただし、これは北東北や北海道などの寒冷地に言えることで、首都圏レベルの温暖な地域であれば、冬だからといって工事ができないということはありません。要は、下地が十分に乾燥した状態で塗装し、先に塗装した箇所が完全に乾いてから上塗りをするという原則を守れば、季節によって工事ができないということはありません。

しかしこれが、寒冷地になると話は違います。気温が5度を下回ると塗料の乾燥は極端に悪くなりますが、北東北では1月、2月になると日中の最高気温が5度を上回る日など、数えるほどしかなくなります。1日中零度以下の日も続く時期ですから、日中でも塗膜が凍結してトラブルを起こしてしまいますので仕事になりません。これらの地域では、冬の一定期間中は、屋外の塗装工事はほとんど行いません。同じ日本でも、地域によってこのような違いがあるということですね。

塗り替え時期の目安
塗装の時期は、寒冷地以外ならさほど気にしなくても良いわけですが、塗り替え時期の目安などはどうでしょうか。

結論から言いますと、地域によって塗り替え時期が変わるということはありません。塗り替えの時期は、下地の材料、外壁の種類によって違ってくると言えます。

いちばん塗り替えのサイクルが短くなるのは板張り外壁です。板張りの場合は、5年以内に一度塗り替えしておくのが推奨されます。初回の塗り替えが適切な時期に行われると、その後は7年に一回ぐらいの周期で回していくことも可能です(ただし腐朽には十分注意が必要です)。できれば3年目あたりで一度点検してもらい、その後は塗装やさんに確認し、必要に応じてこまめに塗り替えすることをおすすめします。

それ以外のサイディングやモルタル外壁に関しては板張りほど気をつけなくても良いですが、理想的には7,8年周期で塗り替えること、もしくは10年ごとに点検して、その周期で塗り替えると良いでしょう。

サイディングも、最近のものは品質が向上しており、塗装板の塗膜も丈夫なものが増えていますので、10年周期でも良いかもしれません。しかし継ぎ目のシーリング剤(コーキング)の劣化は数年で進みますので、3年、5年、7年、10年というタイミングで点検してもらい、必要に応じて増し打ちや打ち直しをしたほうが良いでしょう。

そもそも塗装はなぜ必要かというと、建物の劣化を食い止める役目を塗装(塗膜)が果たしているからだと言えます。塗装は建築物の意匠性にももちろん貢献しますが、いちばんには、紫外線や風雨、雪といったものに直接建物が晒されないようにするために必要なものということです。
人間が裸で歩くのが危険なように、塗装なしの裸の建物は、劣化の進み具合も早くなります。

もちろん塗装だけが建物を保護しているわけではないですが、建物の延命に少なからず貢献していることは間違いありません。適切な時期にお金をかけて塗り替えをすることは、住まいを少しでも長持ちさせるために欠かせないことだということですね。。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問