見積り書に「一式」という表現

外壁塗装工事に関わらず、建築工事の見積書で「一式」という表現をしばしば見かけます。「一式」というのは「ひとまとめ」といった意味合いで、詳細をすべて書くとかえって施主に分かりずらくなるものや、施工面積単位で単価が決まっていないような工種の見積もり単位に「一式」と記載されます。

「見積書に一式という記載があった場合は注意」といったことがよく言われることから、ひとつでも「一式」という表現を見つけてしまうと不安に感じる施主さんもいるかもしれないですが、優良な業者の見積書でも「一式」という表現は全く使われないものではないので、「一式」という表現に、あまり神経質になることはありません。

やたらと「一式」が使われていたら要注意
でも詳細に記載するべき箇所まで「一式」で通していたり、見積書全体をみたとき、やたら「一式」でまとめている場合は、もちろん注意しなければなりません。なぜなら見積もり前の施工面積の拾い出しがいい加減に行われていて、現状と違う工事金額になっている場合が考えられるからです。この場合は、詳細見積もりを見せてもらうようにお願いしてください。

たとえ「一式」でまとめている見積書でも、施工部位、面積の拾い出しをしていれば、そのデータは、見積もりソフトやエクセルデータなどで保存されているはずですので、頼めばわりとすぐ出してくれるものです。

「一式」が使われる工種・使われない工種
では見積もり項目で、「一式」として出されることがあるものにはどのようなものがあるでしょうか。

まず下地調整前に行われる「施工面の洗浄工事」は㎡で記載されることもありますが「一式」表現が多いものです。
またサイディング面の補修やコーキングの補修や、下地調整工事も、m、㎡のほか「一式」が使われる場合があります。ガラス窓の養生・マスキングなども「一式」となることが多いですね。あとは諸経費という項目があれば、これは大抵が「一式」です。

このように「一式」が使われる項目は案外多いので、逆に「一式」が使われない工種はどれかを押さえておいたほうが良いかも知れません。「一式」が使われない工種は、塗装施工全般がそれにあたり、外壁(1階・2階)は㎡で、破風板,化粧幕板、窯業系部材などはm、軒天(軒裏)などはmや㎡で記載されます。もしこうした塗装部分まで「一式」となっていた場合は、「他社とも比較したいので、施工面積も分かるように」と告げて、詳細見積もりを出してもらうと良いでしょう。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問