フッ素樹脂塗料の特徴について

フッ素樹脂塗料は、架橋鉄塔の塗装にも使用されるきわめて耐候性の高い塗料として知られています。建築用塗料として最も高いグレードとなり、金額もいちばん高くなります。原料はホタル石という天然石でフッ化カルシウム(CaF2)が主成分となります。

フッ素樹脂塗料の耐久性の高さは、やはりその塗膜のすばらしさにあり、塗装後の見た目も違いがあります(ツヤ、光沢感が独特です)。当然酸性雨や紫外線から屋根材をしっかり守りますし、積雪地域であれば、雪の滑走性能も高く、雪止めなどを取り付けていなければ、ほとんど屋根雪が屋根に残りません。そのため住宅地で、雪がのっていない屋根を見つければ、そこは大抵フッ素樹脂塗料を使った屋根だと判断できるぐらいの違いがあります。

フッ素樹脂塗装でも塗装屋さんの保証は“長くても”10年まで
フッ素樹脂塗料は、一般的に20年はもつとされていますが、メーカーの期待耐久年数は13年から17年ぐらいとしているところが多く、ノーメンテナンスで過ごせる期間となると10年までとする塗装業者さんがほとんどです。

また塗装屋さん、建築やさんの保証期間は10年となります。あれほど20年はもつとされるフッ素樹脂塗装が、保証になると10年までというのは納得できないかもしれませんが、フッ素樹脂塗料を使用したら保証期間が長くなるということではありませんのでここは注意してください。

なお私の経験で申し訳ないですが、過去に担当したお客様で、フッ素樹脂塗装の板金屋根を、新築物件でオーダーした方がいました。それでも会社の保証期間は10年です。

この板金メーカーのカタログには20年保証が謳われていたのですが、それは会社の保証とは関係のないものです。でもフッ素にしたことで高い追加差額が発生しているのですから、お客様は納得のいかない様子です。そこで私も勉強のつもりで、屋根材のメーカーに確認して、カタログに謳われている20年のメーカー保証書を取得し、お客様の不満をとりあえず落ち着かせることができました。

もちろんこれは板金メーカーの保証書で、塗装メーカーの保証書ではありません。塗装メーカーは先ほども触れたとおり、期待耐久年数でも20年未満というところが多いので、私が取得したような20年の保証書などは発行していないはずです。私も若気の至りで余計なことをしたものですが、たかが建築屋の営業がここまでしてはいけません。なぜなら、最終的に尻ぬぐいをするのは会社だからです。
というわけで、高い金額を出してフッ素樹脂塗料で塗り替えしても、塗装屋さんが出してくれる保証は“長くても”10年だということは理解してください。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問