遮熱系塗料の特徴について

遮熱系塗料は、ここ数年で注目されている塗料です。なぜ塗料で遮熱できるかというと、赤外線の反射率が高い顔料を塗料に含んでいるからというのがひとつのポイントです。各メーカーの商品紹介ページを見ると、実際に温度が低下している実験データが掲載されていますので、屋根面の温度が下がり、それが建物内の温度低下にも貢献するというのは間違いないようですね。

熱反射特性の表現については、メーカーによって違いがありますが、あるメーカーのカタログ値では、熱反射特性による屋根面の温度の低下は、-17度~-20度となっていますから、これをそのまま受け取ると、室温上昇を抑える効果は本当にありそうです。

ただ推奨される建物として工場屋根、倉庫屋根、体育館屋根、貯蔵タンクなどがあがっており、基剤の保護力の高さから住宅の屋根にもおすすめ・・・ といった表現が目につきます。つまり工場屋根、倉庫屋根、体育館屋根、貯蔵タンクなどが本来、使用に向く建物ですが、それぞれ基剤がウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料であるため、住宅の屋根にも使えますよ・・・ といったことなのかなという気もします。

なぜなら住宅の場合、とくに最近建てたばかりの住宅なら、屋根断熱や天井断熱がしっかりしているので、屋根面の温度が下がったとしても、その影響が室内まで伝わりにくいと考えられるからです。つまり断熱性能の高い住宅ほど、遮熱系塗料をわざわざ選択する意味がなくなってしまうということです。

もちろん体育館や工場でも何らかの断熱工法が屋根や天井に施されているでしょうが、住宅にくらべて屋根面積が圧倒的に大きくなることから、住宅より塗料の遮熱効果が生かされるとも考えられます。したがって断熱性能を重視して建てた住宅でこのタイプの塗料を選択する場合は、遮熱塗料の遮熱効果もさることながら、基剤の塗料のグレードに注意することを忘れてはいけません。

なお、新築住宅の場合なら、遮熱塗料によって増額となった予算を、窓ガラスをLow-E仕様に変更する予算を回したほうが、室内温度上昇の緩和には貢献してくれるのではないでしょうか。


外壁塗装の適正費用を知るにはどうすればよい?

外壁塗装の価格は、業者によってかなりの差がでますので、
複数の業者に一括見積もりができるサービスなどを利用して、
費用やサービス内容を比較し、費用の相場を把握しておくことが重要になります。

費用の相場を把握しておけば、業者の提示した見積もり金額が適正かどうかの判断が出来ますし、
値引き交渉もしやすくなります。また、相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、
契約タイミングや予算を立てることができます。

外壁塗装の費用の相場を知るには、ご自身で一括見積もりサービスを利用して、
2社以上の業者から見積もりをとってみるのが確実です。

外壁塗装はトラブルが多い業界だと言われていますので、
特に業者を比較することが重要です。

インターネット上には、一括見積もりサービスはいくつかありますが、
私がオススメするのは【外壁塗装110番】です。

外壁塗装110番では、2~3社の業者の価格を比較し、一番安い業者を見つけることができます。
最短2分の簡単入力で、複数業者から見積もりが届きます。

また、外壁塗装110番を利用したユーザーの体験談を見ると、

『飛び込みで有名な業者より現場調査を綿密に行い説明が良く理解出来きました。【東京都江戸川区在住】』
『検討前は不安も多かったのですが、見積りから業者決定、打ち合わせ、施工まで全てスムーズに進みました。【神奈川県川崎市在住】』
『参画業者が真剣で、1万円キャッシュバックキャンペーンもあって満足でした。【埼玉県八潮市在住】』
『数年前にお願いした業者よりも説明が丁寧で価格も納得できるものでした【神奈川県横浜市在住】』

と価格・サービスともに満足の声が多数寄せられているようです。
「本当に信頼できる業者にお願いしたい」「インチキ業者・ぼったくり業者に騙されたくない」という方は、
外壁塗装110番を利用して、良心的な価格で販売している業者様を見つけてください。

>> 外壁塗装110番で信頼できる業者を比較したい方はこちらをクリック

見積時のチェックポイント
外壁塗装の基礎知識
価格・費用の相場について
色選びについて
塗装業者の選び方
屋根の塗装
外壁塗装でよくある疑問